未来2016年3月号

見つめれば照り返しくる眼差しのおなじ深さの瞳に出会ふ 両の手を濡れた土より引き抜けば十指くまなく輝いてゐる 過去なんかどうでもよくてこの夏のまぶたに雨を享けてゐるだけ この胸にあるのは炎そしてまた憶えてゐないあなたが燃える ひらと舞ふ野火のや…

未来2016年2月号

さるすべりの花殻は手に溢れつつ悲しみをまたかなしんでゐる ふつつりと途切れた箇所から惜しみなく光を洩らすランドルト環 かたつむりは進化論の先端をゆく銀いろの航跡曳きながら いつしんに光をはじく鱗もつ海とは体躯のおほきな魚 その光その鋭さでわた…

未来2015年12月号

ひらめくやうな笑顔を思ひ出してゐる VANESAは蝶より生まれた名前 不定冠詞をえらんで発話するときの光を容れてあかるきのみど ここにゐない人を遠くへやることのリムーヴといふ静かな小舟 短歌とふうつはをしばしお借りしてわづかばかりの白湯を飲みをり 真…

未来2016年1月号

生きてゐるあなたはとてもさみしくてたましひにするやうな口づけ 剥き出しの肩を雨へと預けつつわたしはわたしの歩哨であつた 思ひおもひに僕らは川べりをあるき時をり星座のやうにすれ違ふ 戦または戦のまへの日々に降るボディーブローのやうな雨だね 離し…

第二十七回歌壇賞

第二十七回歌壇賞を受賞しました。 また、所属している未来短歌会にて2015年度の「未来年間賞」もいただいたことも併せてご報告させていただきます。 (日付を2月にしていますが、これを書いているのは2016年の5月のあたまです。昨年の11月半ばに受賞のお知…

未来2015年11月号

蒸し鶏のバジルパスタがわたくしの前に来るまでの遥かな旅路 喩とはさうすなはち贄のことだからようく選んで枝に刺すのよ 年上のひとの発話を待ちをれば耳許へ押し寄せるさへづり 読みさしの本を伏せるやうに目を閉ぢてそのままいつてしまふのだらう 祈ると…

未来2015年10月号

湖の奥処を覗き込むやうにベッドの柵に指をかけたり 覗きこめばあなたは祖母の貌をして水の底よりわたくしを見る 海の見える病室にきて横たはるあなたに海のことを告げない 記憶には出口がないと思ふとき道の先にて微笑む祖母よ 手のひらから記憶を零しなが…

未来2015年9月号

いもうとと互ひの爪を比べ合ふまちがひ探しをしてゐるやうに 日曜を恍惚とねむる妹にふれふれ赤い砂、白い花 玄関の水辺にくるぶしまで浸かり父親が言ふ いつてらつしやい これは違ふ星の重力 歪(ひづ)みつつゆるく何度も指を繋いで 磨かれた床に逆さの部…

未来2015年8月号

一世かけて仕える人のをらずしてこの夜にただ跪くのみ 炎から生まれ炎へ還りゆくあなたをこの胸に眠らせる もつと上へ 鋭く細い嘴で天の喉(のみど)を掻き切るほどに まなうらにあなたを思ひ描いては炎のまへに目を瞑りたり 向かふ先をゆくべき道と思ふこと…

未来2015年7月号

換気扇のしたで煙草を吸ふきみが煙になつてゆくまでを見る 横断歩道渡りゆきたる鳩が尾を引き摺りさうで引き摺らぬまま 結末をなくした物語のやうな湖岸を日暮れ過ぎまでめぐる ゆふやみを幾度も指の間より零し残りしものを夜とは呼ばず 一日の終はりにはづ…

未来2015年6月号

瘡蓋のやうな旧姓剥がれずに呼ばれればまた立ち上がりたり 仕事場は六階マンションは五階 ひねもす春の空中に浮く みづからのはうへと向けて擦るマッチ 胸には容れることなきほのほ 夕映えはいつも後ろに手を振るがその貌をまだ見たことがない 流線を描くレ…

未来2015年5月号

「スプリング・オブ・ライフδ」 木香薔薇の配線は入り組みながらすべての花を灯してゐたり にはたづみに降る雨のひとつ一粒が底の澱みを巻きあげてゐる さんずいのごとき飛沫を蹴散らして鳥が飛びたつ春の波涛を 水の中にみづのわたしがゐるやうに真夜中きみ…

未来2015年4月号

「めぐり、めぐるΓ」 黄金(きん)の鍵と思ひてゐたり床に落ちしパンの留め具を手に取るまでを ゆつくりときみが砂地に倒れれば影のかたちはきみに似てゐる 藤の花したたるままに手に受けてそのひとすぢを口に含みぬ 首もとに纏はる真綿ひき千切るやうに結ん…

「歌壇」2015年5月号

書きそびれていたのですが。 4月14日発売の「歌壇」5月号の特集「次代を担う注目の新星たち」に、「雨があがる」7首とミニエッセイを寄稿しました。

未来2015年3月号

ハルとシュラ、姉妹のなまへのやうに呼ぶ しづかな声でもう一度呼ぶ 空に釘うちつける音ききながら日曜おそい朝に目覚める 妹よあなたにあげられるもののすべてのなかに兄がゐること ショベルカーのアーム動くを見下ろしぬあれはあなたを抱けない腕 知つてゐ…

未来2015年2月号

いくつもの目が開いては閉ぢるのを見てゐたあめの湖面をまへに 真向かひて頬とほほ寄せあふときになにか刺し違へてゐるやうな 水とわたしが出会ふべきただ一点に唇よせてゆくウォータークーラー カーテンをあけて眠ればこの部屋の夜はうつすら輝いてゐる よ…

未来2015年1月号

冬の陽のやはらかく差す図書館にわたしが目覚めるのを待つてゐた ありつたけの海を満たした眼にはこの街の灯はひどく寂しい くれなゐの金魚ほのほの如く揺れ蓮の葉蔭に消えてしまへり ここにゐないひとの上着の両腕が椅子の後ろに結ばれてゐる 新宿を雨後の…

未来2014年12月号

「ライティングβ」 吸ひながらまた吐きながらいちにちは余白の多いページのやうだ 傘の字はとつても差しやすさうなのに雨のわたしの手に傘がない 嗅覚が鈍くなつて、と書くときのまたたく視野のかたすみに犬 書くことは足を向けるといふことで川の向かうの工…

第二十六回歌壇賞(候補作)

これを書いているのは実は2015年の5月なのですが、書き忘れているのに気づいたので書き足しにきました。(忙しくて書いている暇がなかったのでした)「歌壇」2015年2月号に、第二十六回歌壇賞候補作として「都市と記憶」(三十首)を掲載していただきました…

未来2014年11月号

「あたたかい海」 耳もとで髪を結はへるああこれはよこがほといふ表情だらう 千の春、夏、秋といふ少女きて冬の子どもに未だ会はざり 午後よりもながい永遠などはなくあなたのこゑの斜面(なだり)に眠る 感情をあなたに言へば感情はわたしのものになつてし…

未来2014年10月号

「季節を送る」 カフェラテを豆乳ラテに変へるほどのしづけさ 街に雨がきてゐる たましひの鳥籠に飼ふふくろふと目を合はせては目を逸らしあふ 昼も夜も草原に晒されてゐるわたしの眼窩に溜まる雨水(うすい)よ 真夜中の明治通りをさらさらとビーズのやうな…

未来2014年9月号

「あめのひα」 雨音は性欲に似てカーテンをひらく右手を掴む左手 いちまいづつ裸身へ近づきゆくひとの描く弧線をあかず追ひたり 声の扉を押してひらいて夜にしかをらぬわたしに会ひに来るのだ 隠沼をいくつも越えてきし君の冷たく湿る足裏に触れる 君の掌が…

うたらば 第65回テーマ「空」

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」 ブログパーツに、歌を採用していただいていました。 胸の奥から幾千の鳥はなしつつあなたは空を見ることを言う(飯田彩乃)

未来2014年8月号

「想像上の夏」 国道の夜を渡ればひさかたの光の河を堰き止めてゐる いちどでは読まれることのなき君の名前がきみを美しくする しろたへの洗顔フォームは手のひらに地球の雲を生みだしてゆく バスタブより深くからだを沈めつついつから世界に慣れたのだらう …

無料配布冊子『MONO』をつくりました

6月28日のMoNo語りVOL.2と、7月19日の大阪短歌チョップにおいて、『MONO』という冊子を無料で配布させていただきました。面倒くさがりということで自分のなかでは有名なわたしですが、出演するイベントの会場まで足を運んでいただく方に何かのかたちでお礼が…

うたらば 第64回テーマ「後」

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」 ブログパーツに、歌を採用していただきました。 午後よりもながい永遠などはなくあなたのこゑの斜面(なだり)に眠る

未来2014年7月号

「たつたひとつのバスタブ」 "WAKE UP AND SMELL THE COFFEE”(めをさませげんじつをみろ)鼻さきは湯気のさなかに湿りを帯びる あふられる髪に視界はさえぎられ川の向かうに行くことがない 知つてゐる猫の姿に似てをればしやがみ込むなり鉢植ゑのまへ つれ…

うたらば 第63回テーマ「高」

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」 ブログパーツに、歌を採用していただきました。 なぜ本に飛び込むといふ崇高な死を選ぶのか ちひさな羽虫 最近立て続けにやられて…。

未来2014年6月号

「祈りにも似たしぐさ」 白きカラーの茎にくちびる当てながら横笛のごと構へてゐたり 少年が投げあげて手に取るものを過ぎゆくわれはふたたびは見ず 地下鉄のホームに響くアナウンス男女のこゑがからみあふなり イヤフォンのコードはつねに絡まつて祈りにも…

未来2014年5月号

「五月の人」 ぐらぐらと溢れるほどに湯を沸かす 受けとめるのに要るのは力 駆けつけた家族がつどふ部屋に起き金環食をぜんゐんで見る 目蓋をゆつたり閉ぢてむかふなら千年万年ねむりの栄華 最後ですと促されるまま祖母の手がつめたき額、ひたひにふれる そ…

うたらば 第60回テーマ「入」

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」 ブログパーツに、歌を採用していただきました。 いちもくさんに波打ち際まで駆け寄つてされどみづには入らぬひとよ 未来2013年12月号の「今月の一人」に載せていただいた歌です。モデルはさまよえる合宿のときのU山さ…

未来2014年4月号

「花箱」 父の背のやうなる坂をのぼりつめどうしてここが地獄だらうか ひざ立ちで迎へる春のゆふぐれにわたしよ胸をひらいて笑へ 触れてゆくそばからわれを鍵盤にしてしまふ指、風の指さき 見ひらいた眼に降る雨が眦をあふれるまでを草原に死ぬ くおんくおん…

うたらば 第58回テーマ「春」

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」 ブログパーツに、歌を採用していただきました。 視界の端やぶられたかと思ふほど溢れくるなり菜の花の黄 未来2014年3月号に載った歌です。

未来2014年3月号

「射手座と春」 腕を伸ばしゆつくりと背そらしゆく我はいつかの戦場の弓 朝への弔ひとして底冷えの路上に落ちてゐる百合の花 奔馬ゆく一瞬のそのまなざしがわが胸底を照らしてゆけり 最奥に燃えつづける火 心臓と名づけたき炉をあなたは抱いて 対岸よ 手の届…

うたらば 第57回テーマ「服」

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」 ブログパーツに、歌を採用していただきました。 裾をつまむ指さきそっと離されていまスカートを溢れだす花

うたつかい2014年1月号

うたつかい -短歌な月刊zine- 「季節ごとに君が抱える野の花を背骨のように大事にしたい」 金魚草せなかに隠し良心が疼きだすのを確かめてゐる 嬰児(みどりご)はまろき瞳でしんと見るタイム、セージ、ローズマリーを あらあらと女郎花折る姉さんは誰にもこ…

未来2014年2月号

「あやとりの川底」 魚たちが渦巻く午後の押し入れにひつたりと耳を寄せたまま待つ 冷蔵庫を満たして満たされることの星よりはやく欠けてゆく月 ゆつくりと小指で浚ふあやとりの川底にあるそのさみしさを 全身をくまなく濡らしわたしたち記憶のやうに眠つて…

第二十五回歌壇賞(候補作)

「歌壇」2014年2月号に、第二十五回歌壇賞候補作として「千の花(ミルフィオリ)」(三十首)を掲載していただきました。得点は道浦母都子さんからの二点と、今野寿美さんからの一点でした。たぶんみなさんとても気遣ってくださってあんまりおめでとうとか言…

未来2014年1月号

「春の柩(後)」 売店のビニール傘を購へば増えてしまひぬ遺品ひとつが 空にかほ隠しつつゆくわたしたちはかへすがへすも雨の標的 水の匂ひ満ちるからだの重たくて心をそとに引き摺つてゆく 動脈に絡め取られしこのからだ遠流の果てに沈みゆくべし 同じ高さ…

うたらば 第55回テーマ「横」

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」 ブログパーツに、歌を採用していただきました。 曇天をよこめにけさは犬のため無塩のパンを焼きゐる店主 思うところがあって、最近は「未来」に載せたものも投稿するようにしています。これは2013年1月号「静かな革命…

未来2013年12月号

「春の柩(前)」 祈るやうに目蓋をおろすよこがほに深き耳孔うがたれてゐる 別れぎはは白くて広い昼下がりきみに娘のやうに呼ばれて 潮騒は胸郭のふちに満ちみちて溢さぬやうにきみを見送る 玄関の波打ち際のしづけさに裸足のあしを投げ出してみる 降る前の…

うたらば 第53回テーマ「目」

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」 ブログパーツに、歌を採用していただきました。 ぬばたまの君の瞳は鳥であり他になにもない夏の休日

うたらば vol.08「田舎」

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」 まさかまだ書いていないとは思わなかった…。ちょっと前の話になりますが、冊子に歌を採用していただきました。 東京はいいところねと繰り返す祖母がわたしを駅まで送る 妹はわたしのいない部屋に住みベッドの下を掃除…

未来2013年11月号

「それは花」 まだ君の声も知らないまひるまの列車の連結部のうへに立つ 咲く速さを枯れる速さが追ひこして花は盛りを通りすぎたり 煽られる髪を押さへて見送つた地下鉄の風 風のゆくすゑ 唇から漏れた気泡を追ふやうに空の水面を見つめてゐたり 真夜中をは…

うたつかい2013年9月号

うたつかい -短歌な月刊zine- 「黒ずんだこの庭にさえ薔薇は咲き素足で踏めば怪我をするのに」 片耳に開けたピアスは傷ついたあなたの何を塞ぐのだろう 忘れえぬ汗、風、涙、きみのその緑の瞳に光る七月(ふづき)を 強すぎて見えぬ光に目を閉じてまぶたを灼…

未来2013年10月号

「夕立ちよ」 夕立ちよ 美しいものことごとくこの世のそとに溢れてしまふ 花が降ることをあなたに言ふときに花降るとしか言へないことを 玉こんにやくの群れに右手を沈ませる不埒なことを考へたまま 腎臓に胞ありと告げられし日より水満ちる胞を抱きてねむる…

未来2013年9月号

「ゐない人」 見立てとは美しい森どこからか知らない鳥の声が聞こえる 遥かなる午睡の果てに泳ぎつくロングアイランドアイスティーへと 日溜まりは踊る あなたの爪先を十数センチ離れた床で まぶしさも眩暈もとうにうしなつて死ぬのはとてもさびしいことだ …

うたらば 第49回テーマ「夏」

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」 ブログパーツに、歌を採用していただきました。 この夏のひとみな美(は)しくBCGの痕(あと)誇らしげに晒してゆきぬ

うたらば 第48回テーマ「数字」

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」 ブログパーツに、歌を採用していただきました。 貯水塔の上で名前を呼びあえば二親等にもなりえる君だ 一回遅れてます。あとはてなブログにしたので、今さらですが、うたらばブログパーツをやっと付けることができま…

未来2013年8月号

「止まない雨」 止む雨と止まない雨を嗅ぎわける犬の襟首うしろより抱く 二人では溢れてしまふ風呂の湯のその過剰さをときに憎めり 貝殻の耳にくちびる近づけてさざ波のやうに歌つてあげる きみの眠るベッドを抜けて強風に倒れた自転車起こしにゆく 思ひ出は…